風俗 Celsus【セルサス】

ソープとデリヘル、求められるテクニックの違いは?

当サイトについて

・当サイトではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。 ・当サイトで扱っている情報につきましては、わたくし管理人の個人的意見、または入念に調べ仕入れた情報を元に掲載しておりますが、
情報に対して責任を負うことはできませんので予めご了承ください。
サイト内の情報に関してはご自身の判断で閲覧・ご利用頂きますようお願い致します。

風俗で求められるもの

同じ風俗店でも、「ソープ」と「デリヘル」は異なります。
ソープは本番プレイを行うお店、そしてデリヘルは本番行為なしでフェラチオや素股などのサービスを行うお店です。
しかし、サービスの内容以外にもソープとデリヘルには「嬢に求められるテクニックの違い」があります。

ソープで働く場合と、デリヘルで働く場合、共通して求められるのはキスやフェラチオなど基本的なヘルスプレイの技術です。
性サービスを行うお店ですからこれは必須になります。
また、接客に関してもソープ、デリヘルともに求められるものです。
接客がよくなければお客さんがつく可能性は低く、お店としても悪い印象を持たれます。
ですのでソープでもデリヘルでも、あいさつや笑顔など最低限の愛想はしっかり教育されるようです。
しかし、どちらかというとソープの方が接客に関して求められるレベルは高くなります。
値段もデリヘルより高いお店が多いので、当然といえば当然かもしれません。

テクニックの違い

デリヘルで働く場合、サービスに関してはキスやフェラチオなど基本的なテクニックを押さえていればOKですがソープの場合は違います。
ソープでは、デリヘルでは行わないようなプレイもいくつか存在するのです。
例えば、マットプレイです。
ソープランドでは浴室にビニール製のマットが用意されており、お互いの体にローションを塗って体をこすり合わせて奉仕するマットプレイというサービスを行います。
男性が仰向け、もしくはうつ伏せになり嬢が体全身を使って男性を愛撫するプレイです。
ほとんどのお店では入店したときに講習があり、在籍している先輩の嬢などがマットプレイを教えてくれます。

また、ソープで働く場合には「椅子プレイ」のスキルも必要になります。
ソープランドには、男性の股間部分がへこんだ形になった「スケベ椅子」というものがあります。
お客さんをそれに座らせ、嬢はフェラチオなどをしながら同時に股間やアナルをせめるというサービスを行うのです。
また、一部のお店には「くぐり椅子」というものもあります。
くぐり椅子には、嬢の体が通るくらいの空洞がにありお客さんの座る股間部分には穴が開いています。
その椅子にお客さんを座らせ嬢が椅子の下をくぐり股間やアナルを責めるのです。
体力を使うプレイではありませんが、慣れないうちは難しく感じるかもしれません。
このようにデリヘルとソープでは、嬢に求められるテクニックに様々な違いがあります。
ソープの方が接客サービスともに覚えなければならないことが多く、どちらかというとデリヘルの方が気軽に働ける業種のようです。